SPSSの学外利用(リモートデスクトップサービス)

注意事項

学生専用のサービスです(教職員の方は原則利用できません)。

専任教員の方へはSPSSのインストールメディアの貸出を行っています。詳細は「教職員の方へ」をご覧ください。

継続して利用可能な時間は2時間です。

利用開始から2時間が経過すると、警告メッセージが表示され、2分後に切断されます。警告が表示された場合は、作成中のデータを保存し、ログオフしてください。

アイドルタイムアウト(無操作制限)は30分です。

接続先サーバで30分間無操作時間が続くと、警告メッセージが表示されます。接続元PCの操作ではなく、接続先サーバ(リモートデスクトップサービス)での操作が必要です。

継続して利用する場合は、警告メッセージの[OK]ボタンをクリックしてください。[OK]ボタンをクリックしない場合、2分後に切断されます(作成中のデータは保存されません)。

 

月次メンテナンスの予定

リモートデスクトップサービスのメンテナンスを月に1回実施します。

メンテナンス作業中は本サービスが利用できません。メンテナンス作業前に作成中のデータを保存し、必ずログオフしてください。

メンテナンス作業開始時に利用(接続)されている場合は、システム的に強制ログオフを行い、メンテナンス作業を開始します。強制ログオフ時に作成中のデータが消失する可能性もあるため、必ずメンテナンス作業前にログオフしてください。

 

日時:
 2023/2/8(水)14:00~17:00(予定)

 

SPSS学外利用(リモートデスクトップサービス)に接続する